事業内容

寄付金について

福祉基金寄付金と安城善意銀行預託金についてご説明いたします。

福祉基金寄付金

お気持ちは、お子さん、お孫さんの世代まで、ずっと、届きます。
福祉基金とは 皆さんからいただいた寄付金を基金として積み立て、そこから生じた利子を予算化し、本会社会福祉事業の財源とするものです。従って寄付金が積立金として残るため、お気持ちがお子さん、お孫さんの世代まで届きます。(主に大口寄付を対象とし、随時受付しています。)
何に使うの? 福祉基金の果実(利子)で行う事業
・福祉の啓発のために | 広報紙の発行
こんな時は
福祉基金に!
・学校や行事でのバザーの売上の一部を福祉基金に。
・お祝い返しや香典返しの一部を福祉基金に。
※香典返しに代えてご寄付くださる方には、ご相談に応じ、礼状の印刷等を代行いたします。

安城善意銀行預託金

お気持ちは直接、善意銀行事業に届きます。
安城善意銀行とは 皆さんから寄せられる金銭や物品をお預かりし、その善意の預託金品で行事を中心とした社会福祉事業を行ったり、市内福祉施設・団体等を支援する機関です。預託金は全額善意銀行事業にあてられるため、原資は残りませんが、お気持ちは直接下記の事業に届きます。
何に使うの? 善意銀行の主な事業
・旅行事業 | 障害児、障害者、ひとり親家庭に対して。
・愛の年賀状 | ひとり暮らし高齢者などに対して。
預託方法は? 善意銀行預託金品には、次の3種類があります。(随時受付)
[1]一般預託金
主に家庭、店頭、職場、行事等での募金をお受けします。(ハート募金を含む)
安城善意銀行では、現金に限り、各地区社会福祉協議会でも受付をしています。
[2]物品預託
新品の日用品等。ただし、受取先が確保できない物品についてはお断りすることもあります。
[3]収集物預託
使用済切手、書き損じハガキ、ベルマーク、サルビアスタンプ等

※ハート募金とは、安城市社会福祉協議会窓口にてお配りしているシールを空きビン等に貼っていただいた募金箱による募金です。ご家庭、公共施設、店頭でのご協力をお願いしています。
いっぱいになったら、窓口までご持参ください!
2013年04月01日
  • TOP
  • 次へ