事業内容

共同募金について

共同募金(赤い羽根募金)についてご説明いたします。

共同募金とは

社会福祉法(112条〜124条)をもとに、社会福祉法人である共同募金会が、民間の社会福祉事業を支えるために、都道府県を単位として行っている募金です。

共同募金の種類

共同募金と赤い羽根募金は同じです。この共同募金は次のような種類があります。

一般募金
(10月1日〜12月31日)

・募金実績の15%は県内の福祉(広域福祉)に85%は市内の福祉(地域福祉)に活用されます。
・集めた次の年度に活用します。
・民間の保育所や障害者施設、児童クラブや宅老所に配分し利用者の福祉のために活用したり、各小学校区にある児童福祉協議会の活動を助成したり、介護者のリフレッシュのために介護者のつどいを行ったりしています。

歳末たすけあい募金
(12月1日〜12月31日)
・募金額の全額が歳末助け合い義援金として市内で援助を必要とする方々に届けられます。
・集めたその年度に活用します。
・よい年末年始を迎えられるよう、援助を必要としている個人に届けられます。

※1年に2回、しかも、10月から12月の間に2回も募金を行うことを疑問に感じることもあると思いますが、
目的や趣旨をご理解いただき、募金にご協力いただきたいと考えております。

組織

中央共同募金会 都道府県共同募金会の全国的な連絡調整を行う機関。
都道府県共同募金会 都道府県単体に組織された共同募金運動の実施機関。
この機関は、それぞれ独立した社会福祉法人で、各地域の民意を公正に代表できるように、各界階層から選ばれた理事、評議員によって運営されます。
また、配分委員会が設置されており、配分申請の審査をはじめ、配分計画をたて寄付金の活用を検討します。
支会 「都道府県共同募金会」の第一線活動組織として、市区郡町村の区域等に「支会」が設置されています。

共同募金のながれ

共同募金のながれ
安城市共同募金委員会 安城市内での募金運動の主体となる組織です。
愛知県共同募金会 愛知県内の募金のとりまとめを行う組織です。
安城市で集められた募金は、いったん全額を愛知県共同募金会に納めます。
一般募金のうち、約85%は安城市に還元され、約15%は愛知県内の福祉のために使われます。歳末たすけあい募金は、全額が安城市に還元されます。
安城市社会福祉協議会 愛知県共同募金会から還元された募金を配分します。
【配分】
・地区児童福祉協議会の育成助成。
・民間の障害者施設や保育所に文化活動費等を補助。
・地域福祉活動(サロン)への活動助成。
・就学援助世帯の小中学生に修学旅行費を助成。
・市内で活動するボランティア・市民活動団体へ活動費を助成。
・認可外施設の施設整備費、設備設置費、改修費等を補助。
・ひとり親家庭の子どもさんに入学祝品を贈呈。
・リフレッシュツアーを開催。
・援助を必要とされる方々へ歳末見舞品として配付
・施設入所者の年末年始交流活動費の助成など。
2013年04月01日
  • 前へ
  • TOP
  • 次へ